初夢ではないけど

今朝みた夢。
誰か知らない女の人が私の両の手を取る。
そして「さ、どぞ」という感じのことを目で言う。
なにが「さあ、どうぞ」なのかわからないでいると
周りの景色が流れ出す。もしくは二人の下の地面が動く。
向き合って両手を握ったまま、ぐんぐんと加速する。
気持ちが良いなあと思ったら歌が出てきた。
その自分の声はいままで歌ったこともないような声で、
いままで経験したこともない場所から次々と湧いてきた。
ずいぶんたって歌い終わって、力尽きてへなへなと座ったら、
景色が止まる。どこからか来たたくさんの人が、追い抜きざま
よかったねというふうに声をかけてくる。
目が覚めた後も、本当に長いあいだ歌った後のような感じだった。
(寝ながら歌ってたんだったりして。それはまずい。)
あまりの幸福感にびっくり。

昨日はガラスの吹き初め。今日は声のメンバーと
歌い初め。(夢ではなくて。) 実際に幸福。

何年か前の私が、今の私を思いもよらなかったのと同じように、
今の私の力では思いつきもしないような方法で、この先の自分は
自分の道をひらいてゆくのでしょう。だから今の私は、
今たいせつに思えることをただ一生懸命にやる。

抱負とはちょっと違うか。
でも1年の節目で強く思ったこと。
「たいせつなことを一生懸命」、言葉にすると
小学校の頃の、クラス目標みたいだけども。

今年もそんなこんなで怒ったり笑ったり困ったりハッと気付いたり、
いちいちいろいろ、愉快にゆこうと思います。
[PR]

by sho-ji21 | 2007-01-08 00:48

<< それぞれの観点 山へ >>