<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

美味

・件名「まめ」というメールをいただく。
美味しい黒枝豆(丹波の!)を入手したので
おすそ分けしましょうかという内容だった。
なんてうれしいこと。
まずもって件名「まめ」ですもの。
ズキュンともなりましょう。

・二駅向こうの素敵ご夫婦に夕ご飯をよばれる。
魅惑の栗ご飯ほかが次々と。満腹。
いっぱい笑ってそちらも(心ね。)満腹。
駅までの帰り道、空には欠け始めた月がぴかり。
秋の空は見飽きることがない。

・友人に教えられ夏からたのしみにしていた
季節のお酒、「ざくろ」のカクテルを飲んだ。
目の前で、珠玉のルビー色してざくろの粒らが
圧搾器(?)に山盛り投入。そのままギュウと絞られる。
あああ、とその様を食い入るように見つめる私。
世にもうつくしい赤。
そのおいしかったことと言ったら。
こりゃ季節に一度の贅沢だー。



美味しいものをいただいて
つながっていく、循環していくよろこび。
ありがとう、ありがとう。
ごちそうさまでした。
[PR]

by sho-ji21 | 2007-10-28 23:47

本のこと

図書館で、児童書コーナーにも時々立ち入ります。
意外な作者の児童書に出会えたり、昔々に読んで
タイトルも忘れていたような本に再会できたり、
けっこうおもしろいのです。

先日やはりその場所で、棚を流し見していたときのこと。
装丁がきれいだなと思いふと手にとった本の、
タイトルを見て何かがひっかかった。
ん?と思い適当なところを開く。挿絵にまたひっかかり、
そのページの一文を読んで気づきました。
好きな作家が、あるエッセイで触れていた本でした。
(読んだ所はエッセイのなかで抜粋されていた部分、
ぴったりその箇所だったのでした。)

借りてきて読んだら、思った以上にうつくしい本でした。
今だからこそ胸に響いたのかもしれないと思いながら
ありがたく読みました。

すべての出会いがそうだけれど、
本との出会いを思うと、そこには偶然も無駄もなく、
完璧なタイミングでしかありえないということを、
深く体が、染むように知っている。
そのこと自体のしあわせを、改めて思いました。


e0092614_21194421.jpg
(『たのしい川べ』ケネス・グレーアム作)
[PR]

by sho-ji21 | 2007-10-25 21:20

木とガラス

オリジナル・オーダー家具、laboratoyさんのお仕事に、
ガラスで関わらせていただきました。サイドテーブルの天板部に
まるい板ガラスが埋め込まれてます。ちいさい水溜りのよう。
本漆の風合い+ガラスという組み合わせがおもしろいです。

e0092614_2342161.jpg

e0092614_23413231.jpg

e0092614_23452250.jpg

copyright(c) 2007 laboratory All Rights Reserved


細かいところまで行き届いた心配りとデザインの美しさ。
なんてすばらしい。座り心地はさぞや。
いいですね、こんな家具のある縁側。
(縁側でしょうか 庶民は、こういうスペースを
なんと呼んだらいいかわからないよ)

異素材との出会い。たのしかったです。
どうもありがとうございました!



ご注文分の器や納品用コップなどの製作が
一段落して、ここずっとあたらしい形に挑戦中。
寝る前や空いた時間に工程をイメトレしたりして。
こういう時期にどこまで筋力(=技術力)アップできるか。
切実だけど、ワクワクします。
いいものをつくりたいです。
[PR]

by sho-ji21 | 2007-10-19 23:58 | ガラスのこと

ひらく

すこし前のこと。
かなしいことがあった人に
電話でもどかしい気持ちで
私にできることはないものかとたずねたら
彼女は「じゃあ、なぐさめに来て。」
と笑って言いました。
なんてつよくてやさしいことば。
ありがとうありがとう
と思ってそして、
スタコラ会いにいきました。

たいせつに思うひとに最善を表現したい。
これきっと、誰のこころにもある思い。
やさしくしたいとか力になりたいとか
そんな当たり前のこと。
でもその当たり前が表現しきれないことは、
かなしいかな、けっこう多い。
(タイミングとか遠慮なんかも含めて。)

だからこそ、それを相手にさせやすくしてあげる
(ゆるしてあげる)、という種類のひらきかたを
している人はつよくてやさしいなあと思う。

私もそうありたい。最善の表現のために、
そのお互いの喜びのために、
やわらかくひらいていたいものです。

んなこと考えてます。
扇風機がまだ出てます。
しまわなきゃ。



大阪で友人の結婚を祝ってきました。(おめでとう!!)
行きたかった場所にも伺えて、とても良い滞在となりました。
どうもありがとうございました。
[PR]

by sho-ji21 | 2007-10-15 22:45

ダムとわたし

スーパーの袋詰めする場所で
ロールになってる薄いビニール袋。
乾燥しがちなこの季節、アレなかなか開きませんね。
同意を求める形ですいません。
この季節、アレなかなか開きません。

突然ですが、私はダムがこわい。

ダムの上から、湖じゃない側を見下ろすと
コンクリートの壁が巨大な滑り台みたいに
日差しをうけて白く光って下に続いてる。
その図を想像しただけでだめ。
放水してないときのほうが怖い。
ものすごい水の圧力を向こうに隠し持ちつつ
この静けさ、というのがもう、ひー。

取り乱しつつありますが、さらに洒落にならない、
「もし落ちたら」。(実際にはそんな悠長なもんではないと
わかってはいても)滑落しながらなにかにつかまろうとし続けて、
つるつると手がコンクリ面を探る「とりつくしまのなさ」
みたいなものを思うと、手のひらに汗。

そこで話がスーパーの袋に戻ります。
あらやだ袋があかないわ。そんなとき私はダムを思うのです。
じわわー(発汗)。スムースに袋オープン。
自立神経的に体によくなさそうですが
即効性に負けて多用してます。
袋詰めコーナーで2秒くらい動きが止まっている私が
いたら、まちがいなくダムを思っています。

そんな秋です。
[PR]

by sho-ji21 | 2007-10-10 23:56

一輪挿しほか

一輪挿し。(外径3センチ・高さ14センチ)
ご注文でおつくりします。
お気軽にお問い合わせください。

e0092614_2229161.jpg



我が家の長い文机。とても具合がいいです。
昨日の夜は友人が、彼女手製おかず・ビール・ワインを
持参して来訪。それらがわんさか乗ったうえ、
茹でたて枝豆などを追加でさらに乗せていく。
空いた缶もどんどん並ぶ。そのにぎやかさが良い。
季節外れの蚊取り線香の匂いのなか、畳でのんびり。
日本的アパートにおける至福の宵。



販売用のコップを(コップ大/コップ小ともに)、nataneさんに
追加で納品しました。
[PR]

by sho-ji21 | 2007-10-07 22:30 | ガラスのこと