<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

おもむろにバトン

少しずつ、ガラスたちがみなさんの手に渡ってゆく。
うれしいなあ。どうぞかわいがってやってください。

今日はちょっとおもむろにバトンなど。
以前マイミクの方のところからこっそり持ち帰り、
おもしろいなと思ってやってみたものを。
ずららーと長いけど。


■ルール 経験したことあるものには○、無いものには×をつける

入院・・・×
手術・・・×
献血・・・○ 
失神・・・×
風俗・・・×
しゃぶしゃぶ・・・○ 
エスカルゴ・・・× 
万引き・・・○ ごめんなさい幼児期のイニシエーションとして
補導・・・×
女を殴る・・・× 
男を殴る・・・×
就職・・・○
退職・・・○
アルバイト・・・○ 
海外旅行・・・○        
ギター・・・×
ピアノ・・・△ 2曲だけ
バイオリン・・・×
メガネ・・・○ 
オペラ鑑賞・・・× 是非劇場へ赴きたい
テレビ出演・・・×     
パチンコ・・・○ 数回試すもおもしろさわからず
競馬・・・○ 2、3度 名前にグッときたやつを単勝買い
合コン・・・○ たしなむ程度に
北海道・・・○
沖縄・・○ 
四国・・・○ 
大阪・・・○ 
名古屋・・・○
エスカレーターを逆走・・・○ 若気
フルマラソン・・・×
自動車の運転・・・△ 極々まれに 高速は一度だけ
10kg以上減量・・・×
交通事故・・・△ 駐車しようとしてる父親にソフトにひかれる
電車とホームの隙間に落ちる・・・×
1万円以上拾う・・・○ 小学生だったので気絶しそうに
1万円以上落とす・・・× かえってきたのでノーカウント
徹夜で並ぶ・・・×
ピアス・・・○ 
50万以上の物を買う・・・×
ラブレターをもらう・・・○
一目惚れ・・・○ 一度だけ
幽体離脱・・・× してみたい
先生に殴られる・・・○ 歯をくいしばれ、といわれる
徒競走で1位・・・? 覚えてないからないのかな
妊婦に席を譲る・・・○           
他人の子供を叱る・・・○
20過ぎてシラフで転ぶ・・・○ 普通に
同棲・・・△ 短期間居候的な輩が
ストリート誌に載る・・・×
2m以上の高さから落ちる・・・○ スキーで崖から飛ぶ
学級委員長・・・○
恋人が外国人・・・×
刺青・・・×
ナンパ(される)・・・○
ナンパ(する)・・・×
ディズニーランド・・・○
異性に告白・・・○
同性から告白される・・・○ 
中退・・・×
留年・・・×
浪人・・・×
喫煙・・・○
禁煙・・・○
酔って記憶をなくす・・・○ 一度だけ もう二度と
飲酒運転・・・×
保証人・・・×
幽霊を見る・・・×
食中毒・・・×
無言電話・・・×
ピンポンダッシュ・・・○ 「団地ピン逃げ大会」開催 PTAで大問題に


※特に渡さないのでやりたい方どうぞ。
ストイックなほど正直に答えるとおもしろいです。
[PR]

by sho-ji21 | 2006-08-31 12:02

最終日

9日間の個展が終了しました。
最後の一品をお引渡ししてはじめて
終わった、と思えるのだろうけれど
それでもまずは、「ほーーっ」と
大きな息がひとつ出ました。

最終日、バタバタと搬出を終えてからカフェに戻り
「いやー、つかれた」とか言いながらぐったり座り込んだら、
個展中は隠れてた「おじさん」成分が染み出てきてるけど、
とオーナーに指摘されおかしかったです。なんでおじさん。

お越しくださった方々、
色々手伝ってくださった方、
お世話になったナタネ&カタリナさん、
みなさん、本当にどうもありがとうございました。

まずはお礼まで!

※個展の模様などはまた後日。
[PR]

by sho-ji21 | 2006-08-29 00:12 | ガラスのこと

残り数日

不安と緊張のなかはじまった初個展、
あっというまに残り数日となりました。
日々いろいろ感じてます。

数年前に描いていた絵を1枚だけ飾りました。
このときにやりたかったこと、「もっと」と思った気持ちが
ガラスに向かったと思っています。
月曜の夜、明かりに照らされてぎらりとするその絵を
見ながらオーナーのパンと盛りだくさんハーブ料理を
食べました。周りにうつわを感じながら、
販売用のガラスの風鈴がたてる音を聞いて。

土日、あなた(あなたです!)にお会いできるのを
とてもたのしみにしています。
どうぞ寄っていってくださいね。


e0092614_1371226.jpge0092614_064868.jpg



お会いできた方々へ。
暑いなかやお仕事帰り、お忙しいなか
時間をつくって来てくださって
本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。



※27日(日)最終日は夜カフェ営業のない日です。
20時にはお店が閉まってしまうのでお早めにご来店くださいませ。

※一作品に一品。nataneのブログにて日々アップ中。
オーナーがその溢れ出るセンスと創造力でたのしんでくださっている。
写真もいいね。つくったものとしては「冥利」のひとこと。

※本日(26日)ガラス器、20点ほど増やしました!
[PR]

by sho-ji21 | 2006-08-25 13:08 | ガラスのこと

初日

今日から始まりました。
庄子早苗ガラス展@natane cafe。
おかげさまで盛況をもって初日を終えることが
できました。どうもありがとうございます。

これから1週間、たくさんの方々と素敵な出会いが
ありますよう。ガラスと私と、お待ちしてます。


e0092614_2111825.jpg



e0092614_2115049.jpg




※来週の日曜(27日)までです。
曜日によって営業時間が異なりますので
ご注意くださいね。あと火曜定休もお忘れなく!
[PR]

by sho-ji21 | 2006-08-20 02:15 | ガラスのこと

暑中お見舞い申し上げます

みなさん、いかがお過ごしですか。
私は連日の大気の不安定さに
晴雨兼用折りたたみ傘を買いました。

夏空に透けるピンクのはなびら。
花火の軌跡とビーチサンダル。
夕立、かみなり。お風呂掃除。
ここ数日で私自身の掃除も一区切り。
時すでにお盆。今週末から個展です。
どうぞみなさん、お越しください。


e0092614_1324392.jpge0092614_15595089.jpg
[PR]

by sho-ji21 | 2006-08-14 13:07

これはいったい

工房の前の道路に光るもの発見。
なに?と近寄ったら逃げられました。
ちょっと走って追いかけて、
両手で包んで捕獲しました。
一部は風に持っていかれましたが
大部分は原型を保ったままふわふわと、
光りながら手のなかに。

さてこれ。なんでしょう。


e0092614_1605078.jpg



○○の○○です。



(2006/8/11:追記)
答え:あざみの綿毛(の集合体)
※とショージが思い込んでるだけだったらすいません。

分解したひとつひとつは見覚えのあるあざみの綿毛でした。
(一部のあざみって綿毛が巨大なんですよね。
しかもたんぽぽみたいなパラシュート型ではなく
全方向性の毛を持って自由に飛んだと記憶してます。)
殻みたいなのがぱっくり開ききる前の状態は、
綿毛が折りたたまれて内側みちみちに
入っていたと思うんですけど、
あれが、もろっとまとまって崩れたものが
そのままふわふわしてたんじゃないかと。

こっちの写真だと飛んでいきそうな部分が、
見えるかしら。↓綿毛、よね?


e0092614_16175.jpg
[PR]

by sho-ji21 | 2006-08-10 12:25

ヤイリギター

ヤイリギターの工房の話を新聞で読んだ。
ヤイリギターって、あの「一五一会(※)」を
つくってるところだそう。高品質で有名みたい。

その記事のなかでとても興味深かったのが、
最後の「シーリング」という工程のこと。
音楽の振動をギターに馴染ませるために
小部屋でクラシックを10日間聞かせるらしい。
クラシックを選んだのは幅広い音域を体験させるため、
と書いてあった。いいなあ、「体験」させるんだな。

この、共振し共鳴することによって
その音域が自分のなかにも生まれていく感覚は、
とてもよくわかる。
人間が楽器であるのと同じように、
楽器だってなにかを体験してそれを感覚として
持つことで自らを成長させていくのね。
おもしろいな。で、このことを、工房の人が
「楽器に天使を宿す」と表現していたのがまた
いいなと思った。
天使なんてふうにかわいらしく言ってるけど、
それは決してロマンチックな"雰囲気的"なこと
ではなくて。「何かを宿す」というその感覚は
大昔から少しも変わることなく実質的なものとして、
すべての「つくる人」に共通してあるのでしょう。
ということを思いました。いいね、つくるって。
音もいいね。たのしいね。

ヤイリさんのギターの音、
聞いてみたい。


※「一五一会」:
BIGINの比嘉さんが三線をヒントに考えたという、
5弦のギター(的楽器)。
人差し指一本でコードが押さえられる!
魅力的なんだけど私にはちょっとお高いの。
http://www.rakuten.co.jp/gakkiten/421141/488441/452089/
[PR]

by sho-ji21 | 2006-08-08 18:49

夏の夕方&夜が大好き。
駅からの帰り、少し寄り道。
坂を登ったところにある公園では蝉が
一日のフィナーレですというふうに
一斉に鳴いている。
芙蓉の花びらは閉じてつぼみの形に戻ってる。
その濃いピンクが薄闇に浮かぶ横を、
けっこうな速度で自転車走らす。
隣の駅との間に位置するギャラリーへ。
器など見ながら、しばし涼む。

帰ってシャワーをあびてから地元で晩ご飯。
食後に近所のドトールへ。いっぱい笑って。
良い夏の日曜でした。


(そういえば)
最近ガラスを吹いてて気付いたのですが、
今日くらい暑いときは、
吹きながらハナミズが出て困ります。
どうしてかしら。汗で排出しきれない分の
水分を鼻からも出してるの?人体の不思議。


(写真)
ドトールにて紙バレリーナ(=私の十八番。)
制作を友人に伝授。
向かって右が彼女作。なかなか楽しげに
踊ってます。筋がおありのようじゃの。


e0092614_138892.jpg
[PR]

by sho-ji21 | 2006-08-07 01:41

ハトがタマゴを

最近、会えてなかったまさくん
「あの子んちでハトがタマゴ生んだらしいよ。」と人から聞く。

ハトが。家って。実家?タマゴ?

と「?」でいっぱいに。どうやらハトを飼っているわけではなく、
だから実家の話でもなく、彼自身のアパートのベランダに
どこぞのハトがいつの間にやらタマゴを生んでたということらしい。

今日、朝のバスで彼に会った。
さっそく「ハトの卵。」と話をふると、
「ええ。」と携帯の写真を見せてくれた。
ベランダ床面の排水溝近くに枝が散乱し、
その辺りにころんころんとピンポン玉くらいの
タマゴが無防備にころがっていた。
なに、この信頼のされかた。

「だいぶ前からヒヨヒヨ聞こえるんで、もうヒナです。」
とのこと。孵ってるのか!そして「聞こえる」って。未確認なの?
無関心に近いほどの受け入れっぷり。
だけど決して興味がないわけではないみたい。
「今日は鳴き方がちょっとちがってたから、
帰ったらもう巣立ってるかも。」などと言っていた。
どう違ったの、と聞くと
「…大人っぽいというか。」と。

どうですか、まさくん。
いいでしょ。
[PR]

by sho-ji21 | 2006-08-03 12:50

夏の宵の演劇

◇ク・ナウカ 『トリスタンとイゾルデ』

ワーグナーのあれをク・ナウカが。
彼らの演劇をみるのは初めて。
登場人物がすべて「動き」と「語り」の二人で一役。
それが人形浄瑠璃っぽい不思議な雰囲気、
そんなふうに聞いて気になっていたのでした。
場所は国立博物館裏の庭園。
先週の夜、仕事のあとに。

20時開演で、その15分前には
東洋館近くにいてくださいと言われてて、
そこから番号順に奥へ(庭園へ)案内される。
こんな時間にこんな場所に、
もうそれだけでワクワクする。
(異空間へ。
こういうの好き。)

池の前に少し高めに設置された舞台は透明で、
下からの照明の具合で浮遊感が演出される。
下手(しもて)には橋掛かり的なものがあり、
お能の舞台みたい。
時々ライトに照らされて浮かび上がる庭。
半そでに心地よく吹く風。電車の音と虫の声。
この野外の感じって特別だなあ。
一つの場面と自分の肌の感覚が
別物じゃなく(ひとまとめで)記憶に残るというか。
シンプルな楽器と声による表現のあれこれも
とても興味深かった。良い夏の宵。

ク・ナウカ
http://www.kunauka.or.jp/


※虫除けスプレー忘れて行って、
「致命的!」と思ってたら、
会場で貸し出ししてくれてた。
スバラシイ。
[PR]

by sho-ji21 | 2006-08-01 16:24