<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

友人の洗濯機

友人の洗濯機は歩く。
ガタガタガタガタものすごい音を発しながら
非道い振動で前に出てくるのだという。
しかも、スイッチONすると「タララ~♪」と陽気な音楽が
大音量で流れ、終わったら終わったで
ピポピポとうるさいらしい。
前へ前へと歩いた末に
あらぬ場所に佇んでそれかと思うと、
「ピポピポ♪」じゃないよ…、
と脱力する気持ちが痛いほどわかる。

このダメな感じって、アメリカのクレイ人形の
キャラみたい。聞いてるこっちはとてもたのしい。
本人としては最近、下の階に人が越してきたのもあり、
いつ洗濯をしたらいいかわからないと、本当に困ってる。
歩き出すと受け止めて(押さえ込んで)も
みるそうなのだけど、そんなの振り切って彼は進む。
ヘイホー!

この洗濯機の話が私は大好きで、
彼女が「またうちの(洗濯機)が」と話し出すと
うれしくなってしまう。
そんな様子がいけなかったのか、
先日、「いらない?」と聞かれてしまった。
その陽気なアメリカンは、
たぶん五月荘を破壊する。
陰ながら思いを馳せるだけにするよ。
[PR]

by sho-ji21 | 2006-06-30 13:30

空港のカップル

職場のフロアーは、入口でカードを
ピッとしないと入れない。
で、首からカードぶらさげてるんだけど、
さっきそれを忘れてひょろ~と出かけてしまった。

しまった、締め出された。
誰か来ないかしら、と思いつつ入口まで戻ると
向こうから同じフロアーの人が。
やっほう!と思ったら何故か向こうも最高の笑顔。
何ヶ月かぶりに再会する空港でのカップル、みたいに
二人して駆け寄ってしまった。
お互い、相手の熱狂ぶりに違和感を感じ胸元をみて、
何もそこに下げていないことに気づき、
立ち止まり、えーー?みたいな顔になる。
感動の再会、
と思ったら人違い!
みたいな図。

危うくショージさんを抱きしめるところだった、
こっちだってそのままくるくるまわるとこだったよ、
とぶつぶつ言い合う。うっかりが二人で、
しっかりカードを携帯した誰かを待ちつつ。
笑顔から一転失望、の顔が漫画みたいで、
(しかも二人して同時にそうだったかと思うと、)
いま思い出してもくすりとおかしい。
[PR]

by sho-ji21 | 2006-06-29 12:59

歌いました。そして吹いてます。

金曜の夜は公演だった。(「歌います」の日。)
この半年、いろいろあったけれど
本当にしあわせな経験をさせていただいた。
関係するお一人お一人に感謝でいっぱい。
見に来てくださった方々も、ありがとう。



朝から場当たりやリハーサルを重ねて夜の本番、
22時の撤収まで張り詰め通し。
昂ぶったまま次の朝を迎え、そのままガラス。
何時間か吹く。変な物質が出続けていたようで、
軽い躁状態が続く。(反動で夜中、じりじりと汗をかいたよ。)

その日はお世話になっているカフェ1周年の日だった。
また会いたいなと思っていた人にも会えたし、
(彼女の吸引力は強くてやさしい。)
素敵なご夫婦ともお近づきになれた。
ご主人のつくる器をいくつか見せていただく。
良くて、ドキドキする。お言葉に甘えて、
いつか三崎におじゃまします。)
人と人を結ぶこの場所に、改めてありがとうと思う。

個展まであと20日。
与えられた機会への
喜びと感謝を忘れずに。
吹くのみです。
[PR]

by sho-ji21 | 2006-06-26 17:39

フランクに

最近けっこう気軽に他人を叱ってしまう。

いつだったか、朝の電車で
隣に立ってたおじちゃんが単行本をよいしょっと
私の肩に乗せて読み始めたときも、
びっくりしすぎておかしくなって、
でもちゃんと怒ってはいるので、
笑いながら叱ってしまった。
「あはは、何これ。
何してるの?」等と。

電車にひどい割り込み方で乗るおばちゃんにも
「あれ?なんで?」と
後ろから話しかけてしまう。
どうしよう。なんだかフランクすぎないか。
大丈夫か、これ。
と思ってた。

今朝、電車が車両故障でとまってて、
復旧直後に乗ったら、すごい混み方だった。
しかもこの時期。不快指数がすごく高い。
よって人々の殺気立ち方が尋常じゃなかった。
ひじは出るわ、グーで押すわ、
自分を見失ったヒト続出。
「こら、落ち着いて。」
と思ったけど、今そんなことを言ったら
暴徒化した彼らに何されるかわからない。

無意識にモノ申せない緊迫感。
ああ、いつも叱っちゃうのは
ちゃんとT.P.Oに合わせてたんだ。
と安心した。T.P.O?

これからも呑気に受け止めて
くれそうなヒトに対して、ゆるく声だして
いこうと思います。(いいのかな。)
[PR]

by sho-ji21 | 2006-06-22 12:29

アリガトウ

こないだライブに行ったNUUさんの日記に
素敵な言葉があった。わたしたちは空気をお借りして、
いろいろカラダのことに使ったり、時には歌にしたりして、
そして外にお返ししてるというようなこと。
かりものなんだなあ、と書いてあった。
ほんとうだなあ。ありがたや、ありがたや。

雨の日のバスはちょっと苦手なので、
先日、歩いて出社してみた。
よりによってこんな日にと言われたけど
案外、外は気持ちが良い。
緑は濃いし、風は吹くし、
日陰で紫陽花はまんまるに咲いてるし。

土曜は、生誕32年目の日でした。
メッセージを下さった方、お祝いしてくださった方、
偶然居合わせて声をかけてくれた方、
みなさん本当にありがとう。
とてもとてもしあわせです。
いただいた力を、大好きな人たちに
お返ししていくための力をまた自身につけていく。
そんな1年にしたいです。
これからもどうぞよろしく。
[PR]

by sho-ji21 | 2006-06-19 12:52

土のうえの暮らし

先週末、田植えをするよと姉夫婦から連絡。
残念ながら今年は行けそうにない。
せめて収穫には立会いたい!とお願いしておく。
お米は今年からの挑戦。
小さな小さな田んぼからのスタートだって。楽しみ。

彼らは有機野菜をつくることを生業としている。
自らも自給自足の生活。真剣に農や食ということを考え、
日々実践している。その、地に足がついた感じを
私はとても尊敬している。

まるで流行りモノのように、「マクロビでロハスで今どきだね」
と言う人もいるようで、そのような捉え方に私は違和感を
禁じえないのだけど、当の本人らはおおらかに笑ってる。
「すごいね、カタカナだ。」などと言いながら。

言葉はどうだっていいのだ。
そんなキレイな言い方をしてくれるなと思うこと自体が、
同じようにその言葉にとらわれているということなのだろう。

それらを突き抜けた、思いの強さと豊かさを、
彼らは持っているんだな。
土と共に生きるということ。
たとえば思い通りにいかないことを
悔しがったりしてる姿は見たことがない。
全ての挑戦は「年に1回」だというのに。
ゆだねること、水に流すこと。
学ぶことがいっぱいあるよ。

気づけば身内を褒めすぎてますが。
すいません、ついでに宣伝まで。
会員制(入会費はなし。)で野菜を直接お届けしてます。
冬のぎゅううと味のつまった根菜もいいけれど、
これからの季節、夏野菜の太陽の味は格別!
例)不定期会員2500円+送料、とかお得でたのしい。
お試しもあり。お問い合わせはショージまで!

土のうえに立った二人はこれからどんどん
その根をはりめぐらして、さらに暮らしを豊かなものに
していくんだろう。妹も陰ながら応援してます。
(そして、送られてくる恩恵を有難く食べます。)
[PR]

by sho-ji21 | 2006-06-15 11:22

梅雨ですね

意識してはいないけれど好きな作業、というものが
誰にもきっとあると思う。
普段から「これ得意」と思っているわけでもなく、
また改めてそれを打ち明ける必要もないような。

(私の場合はどうやら、ダンボールをきっちり束ねるという
作業が好きみたい。紐が直角に交わり、少しはじくと
バチンというほどに美しく束ねられると心からうれしい。)

そういうのをみんなで書き出したら、地味で味わい深い
リストができるに違いないと思いついた。
「思いがけなさ度(え、そこ?!というような)」や
「くだらな度」などで、ポイント加算してもいい。
そして、「ああ、なんとなくその作業の気持ちよさが
わからないでもないよ、でもホントしょうもないねえ」とか
「へんたいなんだねえ」などと、愛情と敬意をこめて
お互いにしみじみしたりしたい。

って、職場からの帰りのバスでぼんやり考えていて、
そのあまりのくだらなさにびっくりした。

関東地方、梅雨まっさかり。
[PR]

by sho-ji21 | 2006-06-12 22:40

お知らせ:ガラス展します

お世話になっているカフェ、nataneさんにて、
来月ガラス展をさせていただきます。

CAFE・夜CAFEともにいつも通り営業しています。
是非、美味しいパンと美味しい料理、
そして心地良い空間を味わってくださいね。



期間: 
 2006/07/15(土)~07/22(土)
  ※火曜定休
  ※期間中この日↓はショージが居ります。
  15(土)/16(日)/17(祝日)/22(土)

時間:
 open-12:00
 close-20:00
  ※水・木・金・土は20:00以降も

場所:
 「natane」
 http://www.natane-cafe.com/

 横浜市神奈川区六角橋3-3-15-1F
 (東急東横線 各停「白楽」駅下車8分)
 045-481-3720

 【地図



DM送付ご希望の方、コチラまでご連絡ください。
※以前のお知らせで住所をメールくださった方、
アリガトウございます!しばしお待ちくださいね。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]

by sho-ji21 | 2006-06-10 00:28 | ガラスのこと

映画

・『花よりもなほ』
が、見たい。憎しみの連鎖を断ち切ること、を是枝監督が
時代劇でどんなふうに表現するのかとても興味がある。
軽やかに見せてくれたらうれしいな。

・『ゲド戦記』
音楽がとても良いそう。楽しみ。本も読みたい。

先日、「ショージさん、ジブリ好き?」と聞かれて
「ええ」と答えたのに次回作(このタイトル)を知らなくて。
「ゲロセンシ?」とか散々聞き返したあげく、ゆっくりはっきり
発音してくれたのが「外道戦記」と聞こえた。
「外道、ってあの外道?!」とびっくり。

その友人にあらすじを聞いて思ったのが、言霊のこと。
本名なんて知られたらどんな呪いをかけられるかわからないから、
名前を決して明かし合わなかったほどに言葉を重んじたという
古代の人々のことを思った。(あなたの名前をおしえてください、
がプロポーズだったりしたと何かで読んだことがある。ステキ。)
お神楽の歌詞(?)は、「ああ、良き世だ、良き世だな」みたいに、
とことんめでたい。最初聞いたとき、能天気ー!と思ったけど、
言葉をそれほどたいせつに思っていた彼らが、どんな畏怖の念で
この言祝ぎをしたのかと思うと感じ入る。最近、ことばを思います。

・未だ観れていない、『かもめ食堂』
もういいかげん終わっちゃったか。
[PR]

by sho-ji21 | 2006-06-06 11:38

お知らせ:歌います

突然ですが、歌います。
倍音発声によるヴォイスヒーラーの渡邊満喜子さんが主催する
声の集団amavoicesのメンバーとして、
私もこのコンサートに出ることに。(6/23(金)の夜です。)

第1部は音楽家、木並和彦さんによる演目。
雅楽奏者のむすびひめさんによる笙と竜笛を、我々声と
木並さんのサウンドが囲みます。声明や雅楽的要素もあり。
2部以降はライア(竪琴みたいな)奏者の小嶋さちほさんが
加わっての即興演奏やワークショップやらと盛りだくさん。

昨日の練習には衣装の方がいらっしゃって
仮縫い段階のものを試着させていただいたり、
夜は照明の方や舞台監督の方との通し稽古もあったりで、
いよいよだなあ、という感じ。300人収容可能なホールの
舞台なんてはじめて。(というかステージ自体はじめてだよ。)

6/23に決まったのは偶然。だけど、この日は
沖縄の終戦記念日だった。出演されるみなさんが
それぞれ沖縄に縁の深い方たちなのも必然なのかも。

息や声の響きでの表現(!)が多く、いわゆる楽曲みたいに
前面で「歌ってますー」的な部分はそんなにないのだけど、
だからこそ個々の軸やら思いやらが芯としてたいせつに
なってくるんだろうし、それが全体につながっていけばいいな、
(そういうものになるんだろうな、)と感じている。

なんというか、個人というより声として参加させてもらう
みたいな感じがあって、だからあんまり気負いがない。
良い公演になると、これは素直にそう思う。

ご興味のある方はパンフをお送りします。
メールいただければチケットも用意できますよ。
[PR]

by sho-ji21 | 2006-06-05 11:07