最近のこと


一時的にネット環境があり、久しぶりにかいています。
夫がこどもを連れてたんぼへ行ってくれたので、ひとり。
なんてことだ。ひとりだ。
それでも二階から泣き声が聞こえてこないか、
身体全体が聞き耳をたてている。
そのモードは簡単にはオフにならないんだな。

 ◇
 
こないだ、大好きなともだちが遠くに引っ越して行った。
もうその何日か前から泣きすぎちゃって、
花粉症もあいまってなんだかシバシバすらしながら、
それでもなお、えーんと泣きながら、見送った。
大きなトラックに乗って行っちゃった。

トラックが見えなくなったあとしばしの沈黙のなかさびしくてさびしくて、
でも、ああわたしもいろんなところでいろんなひとに見送られて、
ここまで流れてきたんだった、と気付いたら、
よし、今は見送るのがわたしの役目だ、と思えた。

そこで生きていく、といったらおおげさかな。
そこに留まって暮らしていく、
ということは、こういうことなんだな、って思ったよ。
こうやって見送る立場になるってことなんだな。
何かあったら帰っておいで、って言えること、
そんな場所になるということ。

もちろん、先のことはわからないけれど。
それは彼女が教えてくれたいろんな大切なことのうちの、ひとつ。
この先何があるかは、本当に本当に、まったくもってわからない。
だけど、その大きな流れを怖れないこと。
そして翻弄されているように思うときこそ、
それが自分の選んだものだって信じること。
全然そう思えなくっても、
えいやって身を投げ出すように、信じきること。

いっぱい笑って泣いて手をふれて、よかった。
いってらっしゃい。
いってらっしゃい。
こころからの、エールを。
そして、いっぱい、ありがとう。

 ◇

こどもは日々ぐんぐん成長しています。
最近二足歩行をはじめました。
直立して自分の意志で移動できるってことは
これほど人間にとって喜びなのか、と驚愕するほどです。
そして、こんなにも毎瞬が新発見と新体験の
おどろきと喜びでみちみちであるところの存在と
一緒にいられるということが、私自身うれしくてならない。
わはは!って思う。
どうもありがとう。

そしていつも支えてくれる夫にも、心からの感謝を。
あなたがいてくれて私は本当にうれしい。

 ◇

一昨日のてるちゃんのライブがものすごくよかった。
こどもたちが描いた絵と旗の下で
てるちゃんの声がやわらかく広がってた。
泣けるほど、空間まるごとよかったな。

「だから だいじょうぶ
 なにがあっても だいじょうぶ
 ぜんぶ わたしごのみ」

ホントね、てるちゃん。
ぜんぶ、えらんだこと。
だいじょうぶ。

さて。洗濯物をほしてきます。
お母ちゃんの休憩時間、久しぶりにつれづれ(だらだら?)書きました。
書くことがやっぱり好きだな。
また書こう。
[PR]

by sho-ji21 | 2013-03-17 10:22

<< 近況をすこし 十月十日に思うこと >>