東西南北


前回に続き、私の住む伊那谷
(伊那市周辺のこの辺りをこう呼びます)のことを。

ここは北から南へ、ズバーンと天竜川が縦断しています。
そして東に南アルプス、西に中央アルプスが
その川を挟むように壁になっています。
そんな独特な谷なのです。
諏訪湖から太平洋まで(?)の、長ーい谷。
そんななので、国道も線路も、
基本色々が南北にバーンと走る。

という、わかりやすい地形ゆえ、
このへんの人はなんでも「東西南北」で言います。
東のお山・西のお山、川の東・川の西。
それどころか、「国道を東に入ってそれから北、
西に3軒家が並んでるからそのいちばん南の家の、
トラックがとまってる西側のプレハブね。
北のほうに入り口があるから。」
みたいなことを平気で言います。
すごい。

そしてそれが独特なことだということを、
あまり彼らは自覚していない。
それがまた、おもしろいです。

と、思っていたら。
先日、国道沿いのスタンドでガソリンを入れて
「お帰りどちらですかー?」と聞かれたとき、
「○○(地名)方面です。」と言う代わりに、
短くきっぱり、「南へ。」と答えていました。

「南へ。」

なんかの冒険者みたい。
もしくは啓示を受けた博士たちとか。
かっこいいな、と自分で笑ってしまいました。

少しずつ、少しずつ、ネイティブへ。

 ◇

飯田の茶房木々さんでの展示、
おかげさまで盛況です!
どうもありがとうございます。

残り期間、1週間となりました。
(今日また、追加でいくつか並べてきました。)
どうぞ足をお運びくださいね。
[PR]

by sho-ji21 | 2011-02-13 23:09

<< ありがとうございました。 月市~つきいち >>